「真剣交際」とは?

結婚相談所 東京 渋谷 20代 30代 ブログタイトル20200612

こんにちは。ブログをご覧いただきありがとうございます。
結婚相談所 東京 / 渋谷 パールウエディングのカウンセラー佐橋です。

また20代の女性が「真剣交際」に進むことになりました。コロナの緊急事態宣言解除後にしっかりお二人で定期的にお会いして急速に関係を深められました。するべきことを着々と行えばちゃんと実を結ぶ♪嬉しいことです。

さて「真剣交際」と言われて、このブログをご覧の皆さんは意味を理解されていますでしょうか?

結婚相談所でこの仕事をしていたり、活動中の方にとっては当たり前のように使われる言葉ですが、婚活をまだ始めていらっしゃらない方とっては「真剣交際」といわれても?かもしれません。

結婚相談所 東京 渋谷 20代 30代 20200801 考える人

「じゃあ真剣じゃない交際って何なの? 不真面目な交際ってことですか?」

と疑問をお持ちの方がいらしても決して不思議ではないので、ここで簡単に解説をしておきたいと思います。

結婚相談所やそれに準ずる大手中心の結婚情報サービスの多くは交際を2段階にステイタスを分けています。その区分けは結婚相談所の加盟する連盟や結婚情報サービス企業により大きく異なります。

例えばパールウエディングが加盟している連盟の一つである日本結婚相談所連盟(IBJ)では以下のように二つを分けていると言えます。

①「プレ交際」(仮交際)・・・お見合い後に双方が交際希望をして交際成立となり、「真剣交際」に移行する前までの、複数交際が公認されている状態

・他の方とも交際可能(数は特に制限なし)
・写真を含むプロフィールは公開されたまま
・申し込み、申し受け可能
・お見合い可能

とプレ交際が成立してもそれ以前と何ら変わることなく、まだ並行して他の方との交際が許されており、交際と呼ぶにはやや抵抗のある、ある意味不自然な状態ですので結婚に向けてほどほどのところで次へと移行をすることが大切です。

②「真剣交際」・・・相手を1 人に絞った交際

・上記項目すべて不可

と1対1になって他の方に対しては閉じた状態になる、結婚に向けて本来の交際の形だと言えます。こうなればご自身だけではなく相手の方も他の異性と交際していないということになるので、その面で安心して交際に集中できるかと思います。

他の結婚情報サービスではこれを「成婚」と定義してしまうところもあるので分かりににくいですよね。

結婚相談所 東京 渋谷 20代 30代 ブログ 恋人同士

進むタイミングについては、IBJのガイドラインによるとお見合いから2 ヶ月を目処として「真剣交際」が実現できるように相談所間で連携することになっております。ただし期間だけではなく、どの位の頻度でお会いしているかという要素もありますので、もっとかなり早いタイミングになることもあれば少し遅れることも人によってはありますが、概ね2 ヶ月というのは経験上妥当な線だと思えます。

最近はアプリ側から自動メッセージが届き、早い段階で積極的に真剣交際への移行を促してくることもあってか、活動をされる方によっては真剣交際を急ぎ過ぎてしまう場合もあります。また、良いなと思える方だったら早めに1対1の状態になって安心したいというお気持ちも分かります。けれどもご自身が他の方との出会いを制限されるだけでなく、相手の方の機会も一定期間奪ってしまうという側面がありますので、あまりいい加減にはできません。確信までは無くても、ある程度「この方でいけそう」という気持ちが固まってからの方が好ましいかと思います。

真剣交際に移行する具体的な流れとして、オーソドックスで最も好ましいのは、男性側から直接女性に真剣交際に進みたい旨をお伝えし、女性側が受け入れた後、双方の結婚相談所カウンセラーに報告していただいて、カウンセラー同士で確認できたらシステム上のステイタスを真剣交際に変更するという手順です。

結婚相談所 東京 カウンセラー連携

本人同士のやり取りが無くて、ほどほどのタイミングでカウンセラーが、そろそろ真剣交際に移行しましょうかと主導的に進めることもできなくはありませんが、そこはご本人同士で男性にリードしていただいたほうが頼もしくて好感度が高まるのではないでしょうか。

ただし真剣交際に移行したからと言って成婚しなければならないという明確なルールはない訳なので、相手側で割と軽い気持ちで気軽に真剣交際に踏み切ろうとしてしまう方もいらっしゃいます。簡単に真剣交際に入って、簡単に交際終了されてしまわないように相手の方が責任感のあるご性格なのか様子を見極めるようにすべきですが、それを勢いに任せて「はい、分かりました。」と承諾してしまうと、結婚相談所側としても本人同士が口約束してしまったものを無理やり止める形は取りづらいのが正直なところです。

とはいえ押しが強い男性の場合で、唐突な申し出をいただきOKをして、そのままゴールインという幸せなケースが多々ありますので一概にダメとも言えません。その辺りの見極めに自信がない方は事前に、場合によっては事後にでもカウンセラーに相談をしていただければと思います。

勢いというものは人によってはとても重要です。会員さんが幸せに成婚へと進んでいかれることを願うカウンセラーとしては、できるだけ真剣交際に進む前に確認しておきたいとても重要なことがありますので後戻りをしないために具体的にお伝えしています。ただし慎重になりすぎて、せっかくの勢いを削いでしまってもいけないので、ここでもやはり状況に応じての個別対応ですね。この仕事をするカウンセラーに経験が必要なゆえんです。